よくあるご質問♪



  お手入れについてのご質問

 庭全部ではなく、部分的な作業はしてもらえますか?
もちろんします。そういうご依頼は多くあります。ご自身の楽しみのを残して他だけを作業する場合、費用を抑えるための方法として部分的に作業する場合もあります。どちらでも、喜んで作業させていただきます。


 どちらまで来ていただけるでしょうか?
基本的には三鷹市、調布市、府中市です。それより遠くなる場合は、3%~15%ほどの割り増し料金を頂く場合がございます。ご紹介があれば、遠方でも伺います。


 植木って、いつ枝を切るのが良いんですか?

1番の人気期は11月~12月ですが、これはお正月前にお庭をきれいにしておきたいという考え方からです。そして実はこの時期は、木にとって本当に良い時期ではないのです。木にとっての最適期は早春です。落葉樹なら、2月。常緑樹なら、3月です。
ではなぜ、最適期(早春)が最人気期にならないのか?それは、お正月のことが第1ですが、それともう1つ。3月に剪定をするとその後1ヶ月ちょっとで枝がグンと伸び出すからです。「せっかく切ったのに、また元に戻っちゃうっ、損した!」と感じるようなのです。逆に例えば11月に剪定をすると、半年間近く、枝が伸びません。それが「得した♪」と、感じるようなのです。それが、11月~12月が一番人気期の理由です。
私は10年程前から、お客様に早春のお手入れの重要性をお話してきました。痛みが少なく、木が元気になり、花や実をおもいっきり楽しめる、早春のお手入れを私はオススメします。「すぐに伸びるから損をする」という考えかたより、木にとって一番優しい良い時期に手を入れてあげたいと、私は思っています。


 裏に勝手に生えた木が、大きくなってしまいました。
 それだけ根元から切ってもらうことは出来ますか?
もちろん出来ます。先ずはお見積りからご相談ください。


 費用がどれくらいかかるのか不安です。
庭の音では、作業後にお見積り以上のご請求をすることはありません。お見積りや費用の相談なしに、作業にかかることもありません。ご安心下さい。


 イチョウが勝手に育って大きくなりすぎてしまいました。
 どうしたらいいでしょうか?

このようなとき、私が先ずお聞きするのは「イチョウは好きですか?」ということです。もし好きなら、是非手をかけて一緒にいてあげてください。私はイチョウが大好きです。
しかし、もしイチョウが好きでもなく何の愛着もないとすれば、出来るだけ早く根ごと抜いて処分しましょう。手入れを怠れば、すぐ巨木になり他の庭木のスペースを奪います。大きくなればなるほど、根は強く広く張り出し、後になればなるほど抜根は大変になります。
イチョウに限らず、実生(主に鳥のフンから発芽したもの)で出てきた巨木の子供には注意が必要です。ケヤキ、クスノキ、エノキ、など、見つけたらすぐ小さいうちに引っこ抜きましょう。





Copyright(C) 2018 Yoshikazu Saito : Niwa no Oto : All Right Reserved.